【開催終了】第132回 有機エレクトロニクス研究センター講演会開催について(4月28日)

 

【日 時】          平成29年4月28日(金) 15時00分~16時00分

【場 所】          有機材料システムフロンティアセンター11号館 5F会議室(503)

【講演者】          群馬大学大学院理工学府分子科学部門 准教授 山路 稔氏

【講演演題】       「高効率発光を目指した青色発光ボロン錯体の作成と光物理的特性」

【概要】

                        4,4-Difluoro-4-bora-3a,4a-diaza-s-indacene (BODIPY) に代表される有機化合物を配位子とするボロン錯体は、

                        固体でも溶液でも蛍光を発することが知られている。BODIPYは緑色の蛍光を示すが、芳香族ジケトンを配位子と

                       するボロン錯体は青色発光を示す。芳香族ジケトンはUV-サンスクリーンとして商業的に利用されており、無蛍光性

                       であるが、ボロンに配位すると発光性になることは興味深い。講演者はベンゼン環がジグザグに縮環したフェナセン

                       を配位子の芳香環として、芳香族ジケトンの発光効率と耐久性向上を目指して近年研究を行っている。フェナセン

                       骨格は、自作の光化学反応装置による光縮環法で構築している。また、ボロンに配位する新しい配位子をいくつか

                       開発し、新たに作成したボロン錯体の光物理に関して紹介する。

              

 

 

連絡先: 城戸・笹部研究室 (内線:3052)

 
 
 
 
 
【開催終了】第132回 有機エレクトロニクス研究センター講演会開催について(4月28日)
  • コンテンツ
  • 2022
  • 2021
  • 2019
  • 2018
  • 2017
  • 2016
  • 2015
  • 2014
  • 2013
  • 2012
  • 2011