【開催終了】第139回 有機エレクトロニクス研究センター講演会開催について(10月16日)

 

【日 時】          平成29年10月16日(月曜日) 15時00分~16時00分 

【場 所】          有機材料システムフロンティアセンター11号館(2階 未来ホール)

 

【講演者1】       星 健夫 准教授(鳥取大学)

【講演演題】     「100ナノメートルスケール電子状態計算とデータ科学による有機材料研究」

【概要】          

                実験家との接点を探ることを主目的として、大規模電子状態計算とデータ科学
                (機械学習)による有機材料研究を概観する。我々は近年、独自計算手法と京(けい)

                コンピュータを用いて、大規模(最大100ナノメートルスケール)電子状態計算および
                キャリア(ホールなど)波束ダイナミクス計算を展開してきた。また、上記を補完する
                手法として、データ科学(機械学習)も導入しつつあり、基礎的量子論から実デバイス
                設計までをつなぎたいと考えている。有機高分子集合体への応用研究を中心に、概観する。

 

                 

【講演者2】       藤田 貴敏 特任准教授(分子科学研究所)

【講演演題】      「電子状態計算による有機材料系の電荷移動・エネルギー移動の解析」

【概要】          

                我々は電子状態計算や実時間ダイナミクス法を組み合わせることにより、有機

                材料系の電荷移動・エネルギー移動の解析を行ってきた。本講演では、励起子
                ・電子・正孔の移動に関する電子的相互作用について解説し、有機材料系の光
                電子物性との関わりについて議論する。続いて、有機半導体分子結晶への応用
                研究を紹介し、電荷移動や励起子ダイナミクスの結果について発表する。

 

 

                 

 連絡先: 松井研究室 (内線:3594)

 
 
 
 
 
【開催終了】第139回 有機エレクトロニクス研究センター講演会開催について(10月16日)
  • コンテンツ
  • 2018
  • 2017
  • 2016
  • 2015
  • 2014
  • 2013
  • 2012
  • 2011