【開催終了】第151回 有機エレクトロニクス研究センター講演会開催について(7月5日)

 

【日 時】          平成30年 7月5日(木曜日)  15:00~16:00

【場 所】          有機エレクトロニクス研究センター(10号館4階大会議室)

【講演者】          産学技術総合研究所  伊藤 徹二 氏                      

 

【講演演題】       「無機多孔体を利用した酵素電極への取り組み」

 

【講演要旨】

酵素の持つ極めて高い選択性や低濃度での反応性を利用し、環境中や生体試料中に含まれる多成分の試料から特定成分を高精度に定量する方法として酵素センサの研究がある。しかし、酵素はタンパク質であるため外的な環境に影響されやすく、センサの製造過程での失活、長期保存を視野に入れた時の安定性や連続的にモニタリングする場合の耐久性などの課題がある。今回、規則性無機多孔体を利用して、酵素センサ及び生物燃料電池などにおいて最も重要な役割をする酵素電極の安定性に重点をおいた研究と展望についてお話しする。 

 

 

 

 

 

            

連絡先: 城戸研究室 (内線:3052)

 
 
 
 
 
【開催終了】第151回 有機エレクトロニクス研究センター講演会開催について(7月5日)
  • コンテンツ
  • 2018
  • 2017
  • 2016
  • 2015
  • 2014
  • 2013
  • 2012
  • 2011