【開催終了】第161回 有機エレクトロニクス研究センター講演会開催について(11月9日)

 

【日 時】          平成30年11月9日(金曜日)  16:00~17:30

【場 所】          有機材料システムフロンティアセンター(11号館2階 未来ホール)

【講演者】          對木 悟 氏 (公益財団法人神経研究所 研究部睡眠学研究室)
               

【講演演題】       「工学研究者のための睡眠時無呼吸症の基礎知識」

 

【講演要旨】

閉塞型睡眠時無呼吸症(Obstructive Sleep Apnea Syndrome; OSA)は、就寝中に上気道閉塞が生じる結果、頻回にわたり呼吸停止が生じる疾患です。OSAを未治療で放置すると重症化し、高血圧をはじめとする循環器疾患罹患リスクが高まり、またOSAに伴う日中の耐え難い眠気は、労働効率の低下や交通事故の発生率を高めます。一方で、適切な治療により上述の合併症や事故のリスクは軽減します。もしかすると、ここまではご存知のストーリーかもしれませんが、そもそもなぜ歯科医師がOSAの研究をしているのでしょうか?本講演では、OSAと歯科、そして工学研究との接点と融合について考えてみたいと思います。

 

 

 

 

連絡先: 時任・熊木・関根研究室 (内線:3725)

 
 
 
 
 
【開催終了】第161回 有機エレクトロニクス研究センター講演会開催について(11月9日)
  • コンテンツ
  • 2018
  • 2017
  • 2016
  • 2015
  • 2014
  • 2013
  • 2012
  • 2011