【開催終了】第177回 有機エレクトロニクス研究センター講演会開催について(ご案内)
標記講演会について下記の通り開催致します。
多数の皆様の参加をお待ちしております。
研究室内で周知いただけると助かります。
皆さま奮ってご参加ください。
 
        記
 
日  時:2022年5月13日(金)16:00〜
場  所:11号館2階 未来ホール
講  師:宮崎大学 吉野賢二 教授
演  題:「透明電極の現状と課題」
 
講演概要:
 透明電極は、太陽電池、発光デバイス等に必要不可欠な材料です。
近年、フレキシブル化、低コスト化が進み、実用化されている透明電極の材料や
作製方法では、対応できなくなってきています。
デバイスを作製するうえで、透明電極と接合する材料はショットキー接触ではなく、
オーミック接触が必要であり、その材料によっては、透明電極も材料を選ぶ必要があります。
 講演者は、JST(CREST, ALCA)などのプロジェクトを通して、これまでに
ペロブスカイト太陽電池の透明電極の低コスト化、フレキシブル化を担当し、
酸化亜鉛、二酸化スズの透明電極を中心に研究を行ってきた。
講演者の研究内容および現状のトピックスについて紹介する。
 
本件に関する問い合わせ先:
城戸研究室 内線:3052
【開催終了】第177回 有機エレクトロニクス研究センター講演会開催について(ご案内)
  • コンテンツ
  • 2022
  • 2021
  • 2019
  • 2018
  • 2017
  • 2016
  • 2015
  • 2014
  • 2013
  • 2012
  • 2011