【開催終了】第180回 有機エレクトロニクス研究センター講演会開催について(ご案内)

標記講演会について下記の通り開催致します。
多数の皆様の参加をお待ちしております。
研究室内で周知いただけると助かります。
皆さま奮ってご参加ください。

        記

日  時:2022年10月4日(火)15:00〜
場  所:11号館2階 未来ホール
講  師:大阪大学大学院工学研究科応用化学専攻 助教 相澤直矢先生
演  題:励起一重項と三重項のエネルギーが逆転した有機EL材料の開発

講演概要:フント則より、同一の電子配置において最高のスピン多重度を持つ状態が最低の
     
エネルギーを持つ。
     
したがって、三重項励起状態は一重項励起状態よりエネルギーが低く、両状態のエネルギー差
     
ΔESTは正となることが知られている。
     
本講演では、一重項励起状態と三重項励起状態のエネルギーが逆転した、すなわち負のΔESTを
     
持つ遅延蛍光材料の理論計算、合成、光物性、有機EL特性について紹介する。


本件に関する問い合わせ先:城戸研究室 内線:3052

 

【開催終了】第180回 有機エレクトロニクス研究センター講演会開催について(ご案内)
  • コンテンツ
  • 2022
  • 2021
  • 2019
  • 2018
  • 2017
  • 2016
  • 2015
  • 2014
  • 2013
  • 2012
  • 2011