【新聞掲載】(山形新聞)山内泰樹教授に関する記事「国際電気会議・有機ELのWG、山内教授が議長に」が掲載されました。

 山形大学大学院理工学研究科の山内泰樹教授(52)が電気製品全般の国際規格を制定する国際電気標準会議(IEC)で、有機EL照明を扱うワーキンググループ(WG)の議長に選出された。山形大学工学部が16日に記者会見し、明らかにした。山内教授は「日本主導での国際標準化活動に尽力していきたい」と抱負を語った。

 WGで検討対象となるのは安全性や性能。具体的には照明器具として製品化する場合、耐久性などの統一基準を設定する業務に当たる。山内教授は2011年のWG設立当初から委員として参加しており、今年4月、2代目議長に選ばれた。

 

 

 

山形新聞   2018年5月17日   木曜日
 

  • コンテンツ
  • 2018
  • 2017
  • 2016
  • 2015
  • 2014
  • 2013
  • 2012
  • 2011