【新聞掲載】(山形新聞)千葉貴之助教に関する記事「次世代発光材料に新製法、山形大開発した赤色LEDが最高効率に」が掲載されました。

 山形大は1日、千葉貴之助教らが、次世代発光材料として注目されている「ペロブスカイト量子ドット」の新たな製法を開発し、同材料を使った赤色の発光ダイオード(LED)として世界最高水準の発光効率を実現したと発表した。ディスプレーや照明への応用が期待されるという。

 ペロブスカイト量子ドットは10ナノメートル(1ナノメートル=1ミリメートルの100万分の1)ほどの大きさの結晶材料。発光効率や色純度の高さから、有機ELなどに替わる発光デバイス材料として注目されている。

 

 

 

山形新聞   2018年10月2日   火曜日

  • コンテンツ
  • 2018
  • 2017
  • 2016
  • 2015
  • 2014
  • 2013
  • 2012
  • 2011