【Web掲載】Highly Cited Researchers に材料科学分野から城戸淳二教授(5年連続)、Cross-Field分野から笹部久宏准教授が選出されました。

 世界的な情報サービス企業であるクラリベイト・アナリティクス(旧トムソン・ロイ ターIP&Science)は、論文の引用動向分析から、世界的に影響力の高い科学者として、 Highly Cited Researchers(HCR: 高被引用論文著者)を選出しました。材料科学分野(Materials Science)から城戸淳二教授、新たに創設された Cross-Field の領域から笹部久宏准教授が、それぞれ選出されました。城戸淳二教授は5年連続での選出となります。
 

◆ 関連記事:クラリベイト・アナリティクスが高被引用論文著者2018年版で、影響力のある科学研究者およびその機関を発表

    https://hcr.clarivate.com/

 

◆ Highly Cited Researchers(HCR: 高被引用論文著者):

   クラリベイト・アナリティクス(旧トムソン・ロイターIP&Science)が科学研究 の各分野において、高い影響力を持つ科学者を論文の引用動向から分析したもので、 今回は、日本から 90名、全世界では 4058名が選出されました。 今回のHCRは、過去11年(2006年~2016年)のクラリベイト・アナリティクス(旧トムソン・ロイター)論文・引用データ

 

 

📚 城戸・笹部・千葉研究室HP >> http://oled.yz.yamagata-u.ac.jp/view.cgi?p=338

  • コンテンツ
  • 2018
  • 2017
  • 2016
  • 2015
  • 2014
  • 2013
  • 2012
  • 2011