【新聞掲載】(日経産業新聞)増原陽人准教授に関連する記事「ヨウ素使う材料研究 次世代ディスプレー」が掲載されました。

 山形大学は次世代ディスプレー材料の製造法を考案した。ヨウ素製造最大手の伊勢化学工業と実用化に向けた研究開発を進める。材料の一つに日本がチリに次いで世界2位の産出量を持つヨウ素を活用する。色の再現性などをさらに高めた次世代ディスプレーの開発につなげる。

 有機ELに次ぐ次世代発光源として注目されるペロブスカイト量子ドットという粒子の製法について、このほど科学技術振興機構(JST)の支援事業に採択された。

 

 

 

📚 詳細については >> 日経産業新聞(2018年12月20日 木曜日)

  • コンテンツ
  • 2019
  • 2018
  • 2017
  • 2016
  • 2015
  • 2014
  • 2013
  • 2012
  • 2011