【新聞掲載】(山形新聞)城戸淳二教授の研究に関する記事「赤ちゃんにやさしい有機EL照明、山大の城戸教授が試作」が掲載されました。

有機EL照明研究に取り組む山形大学の城戸淳二教授が、「赤ちゃんにやさしいあかり」をテーマにした新たな照明器具を試作した。自然光に近く、目への刺激が少ないという有機EL照明を用いることで、「赤ちゃんの目と睡眠を守りたい」としている。

 

18日の山大の定例記者会見で城戸教授が発表した。

 

有機EL照明はブルーライトが少なく、全体が光る「面光源」なので比較的目にも優しいとされる。

・・・

 

 

 

📚 詳細は >> 朝日新聞(2020年6月20日 土曜日)

📚 山形新聞電子版 >> https://www.asahi.com/articles/ASN6M6WW6N6MUZHB00C.html

  • コンテンツ
  • 2020
  • 2019
  • 2018
  • 2017
  • 2016
  • 2015
  • 2014
  • 2013
  • 2012
  • 2011