【新聞掲載】(山形新聞)城戸淳二教授に関する記事「城戸教授(山形大大学院)、日本化学会賞」が掲載されました。

山形大は4日、同大大学院の城戸淳二卓越研究教授(62)が2020年度日本化学会賞を受賞したと発表した。有機EL分野の研究に取り組み、基礎研究から工業化に至るまでの幅広い成果が高く評価された。同大での同賞受賞は初めて。

 

城戸教授は1989年に有機ELの研究を開始。白色有機ELの分野で、世界で初めて高分子分散型、積層型、単層型などさまざまな構造での白色発光を実現した。企業との応用研究や開発、事業化など有機EL産業も総合的にけん引。有機ELディスプレーはスマートフォンやタブレット、大型テレビなどに使われ、照明も省エネルギー光源として注目を集める。

・・・

 

 

 

📚 詳細は >> 山形新聞(2021年3月5日 金曜日)

  • コンテンツ
  • 2021
  • 2020
  • 2019
  • 2018
  • 2017
  • 2016
  • 2015
  • 2014
  • 2013
  • 2012
  • 2011