【論文関連】吉田司教授の「分子内CT有機分子を単一吸収材料とする有機太陽電池」に関する研究論文がMDPI, Materials誌(IF 3.057)に掲載決定されました。同研究は、H26-28年度日本学術振興会頭脳循環プログラム(先端次世代エネルギーリーダーシップR2601、代表吉田司)の支援による、山形大学(工学部、理学部)、オーストリア・リンツ大学、米国・バーモント大学の3拠点連携国際共同研究の成果です。
吉田司教授の「分子内CT有機分子を単一吸収材料とする有機太陽電池」に関する研究論文がMDPI, Materials誌(IF 3.057)に掲載決定されました。同研究は、H26-28年度日本学術振興会頭脳循環プログラム(先端次世代エネルギーリーダーシップR2601、代表吉田司)の支援による、山形大学(工学部、理学部)、オーストリア・リンツ大学、米国・バーモント大学の3拠点連携国際共同研究の成果です。
 
-------
Single-Component Organic Solar Cells Based on Intramolecular Charge Transfer Photoabsorption
 
 
 
Conjugated donor–acceptor molecules with intramolecular charge transfer absorption are employed for single-component organic solar cells. Among the five types of donor–acceptor molecules, the strong push–pull structure of DTDCPB resulted in solar cells with high JSC, an internal quantum efficiency exceeding 20%, and high VOC exceeding 1 V with little photon energy loss around 0.7 eV. The exciton binding energy (EBE), which is a key factor in enhancing the photocurrent in the single-component device, was determined by quantum chemical calculation. The relationship between the photoexcited state and the device performance suggests that the strong internal charge transfer is effective for reducing the EBE. Furthermore, molecular packing in the film is shown to influence photogeneration in the film bulk.
 
-------
 
 
  • コンテンツ
  • 2021
  • 2020
  • 2019
  • 2018
  • 2017
  • 2016
  • 2015
  • 2014
  • 2013
  • 2012
  • 2011