【論文関連】千葉貴之助教、城戸淳二教授、国立台北科技大学の郭霽慶教授の混合カチオンペロブスカイトナノ結晶と自己修復性ポリマーを融合した白色バックライトLEDおよびレーザーデバイスに関する国際共著論文が、Advanced Materials (Impact Factor of 32.086) に掲載されました。

国立台北科技大学郭霽慶教授の研究グループと千葉貴之助教、城戸淳二教授の混合カチオンペロブスカイトナノ結晶と自己修復性ポリマーを融合した白色バックライトLEDおよびレーザーデバイスに関する国際共著論文が、Advanced Materials (Impact Factor of 32.086) に掲載されました。
山形大学と国立台北科技大学は学術交流協定を締結しており、短期留学交換プログラム(STEP-YU)を積極的に実施しています。2019年から現在に至るまで、国立台北科技大学の郭霽慶教授らの研究グループから5名の留学生を受け入れており、これまでの共同研究成果が活かされた内容になっています。本研究は、科学研究費補助金(課題番号:20K05639)などの支援によって実施されました。

Synergistic Effect of Cation Composition Engineering of Hybrid Cs1−xFAxPbBr3 Nanocrystals for Self-Healing Electronics Application

Fang-Cheng Liang, Fu-Cheng Jhuang, Yu-Han Fang, Jean-Sebastien Benas, Wei-Cheng Chen, Zhen-Li Yan, Wei-Chun Lin, Chun-Jen Su, Yuki Sato, Takayuki Chiba*, Junji Kido*, Chi-Ching Kuo* 

DOI:doi.org/10.1002/adma.202207617

山形大学プレスリリース (日本語)
https://www.yamagata-u.ac.jp/jp/information/press/20221207/

山形大学プレスリリース (英語)
https://www.yamagata-u.ac.jp/en/information/info/20221207/

  • コンテンツ
  • 2023
  • 2022
  • 2021
  • 2020
  • 2019
  • 2018
  • 2017
  • 2016
  • 2015
  • 2014
  • 2013
  • 2012
  • 2011